5/9ヤマセミの状況

昨日は秘密基地周辺の藤の花の事をお伝えいたしましたが本日はヤマセミの状況をお伝えいたします。

秘密基地には現在3ペア、6個体のヤマセミ達が出入りしており、どこかしらのタイミングで優劣が決まるのか周期的に入れ替わっているみたいです。 最近は赤さび色の濃い目この個体のペアが来てくれています^^
ヤマセミ,撮影,オオタケカメラ

先日交尾を確認したペアですね^^
現在は巣穴つくり真っ最中! オスもメスも、全身土だらけで頑張ってます!
クチバシはもちろん、羽とか頭とか茶色っぽいのが確認出来ますでしょうか??

お腹へったら狩場に来て狩りをして水浴びを沢山してくれると嬉しいですね^^

自然の営みは人間界とは違い普段通りの日常がありますが、異常天候のため雪が積もったり積もらなかったり、雪もスコールと同じように局所的に降ったりと世界的に環境問題にもちゃんと目を向けて私どもも活動を続けて参ます。
まず、拾えるものからゴミ拾いしましょう^^

ヤマセミ撮影ガイドの詳細、ご予約はこちらより
ヤマセミ撮影ガイド 詳しくはこちら ヤマセミ

The following two tabs change content below.

大竹 伸知

カメラマン 野鳥ガイドオオタケカメラ
名前:大竹伸知(のぶとも) 職業:写真館経営・野鳥ガイド。 1987年 福島県耶麻郡塩川町生まれ 高校卒業前から家業であった写真館の仕事を手伝い高校卒業と共に家業に専念。 ミニラボのオペレーター、卒業アルバムの撮影や編集、スタジオ写真を担当。  その後、大の野鳥好きからガイドも始める。 ヤマセミとクマタカ、アカショウビンを得意分野とし、季節折々でそのほかにもガイドをし、成果を上げている 特にヤマセミとクマタカ、アカショウビンの撮影成功率は極めて高い。 2019年11月 月刊birder誌の「機材の進化に乗り遅れないための、新・野鳥撮影教本」に「暗いところでもきれいな野鳥写真を撮ろう、超望遠でもブレを徹底的に防ぐ方法」を寄稿 2019年12月 FM福島に野鳥ガイド、野鳥写真家として出演 2020年6月  フジテレビ とくダネ!にアカショウビンの作品提供

最新記事 by 大竹 伸知 (全て見る)