ヤマセミフィーバー週間中^^

ヤマセミがとっても楽しい状況になってきました!

今までメインだった流木が度重なる大雨、増水で目立たなくなり、対岸のミズキの木(藤の花の咲く木)が今年は葉っぱがものすごく生い茂って来てあまり止まらなくなってきて、

対岸ではなくこっち岸の倒れたばかりの柳の木に止まるようになりました!

ヤマセミ,オオタケカメラ,會津秘密基地

これで560mmnノートリです!!
朝日が丁度良いと背景がこの様に黄金色に^^
その時にうまいコースを飛んでくれればこんなシーンに出会えます^^
この日はちょっと560mmじゃ遠かったけど(^^;

ヤマセミ,オオタケカメラ,會津秘密基地

平均的に見ると600-800mm程焦点距離があっても良いですが、近距離の時に導入できなくて大変なので、500-600mmで丁度良いと思います^^

これ、560mmでトリムしてません( ̄▽ ̄;)

ヤマセミ,オオタケカメラ,會津秘密基地

ヤマセミ,オオタケカメラ,會津秘密基地

500-800mmなんてレンズ出ないかな~(;´▽`A“

ヤマセミ撮影ガイド 詳しくはこちら
ヤマセミ

アカショウビン撮影ガイド 詳しくはこちら
アカショウビン

クマタカ撮影ガイド 詳しくはこちら
クマタカ

公式LINE@始めました!
セキュリティが強化されて情報がお届けしずらくなっております。
こちらでしたら確実に届いておりますのでご登録下さい^^
LINEのお友達登録はこちらから

友だち追加

fece book
オオタケカメラ
Instagram
オオタケカメラ
Twitter
オオタケカメラ

も随時更新中! フォローよろしくお願致します^^

The following two tabs change content below.

大竹 伸知

カメラマン 野鳥ガイドオオタケカメラ
名前:大竹伸知(のぶとも) 職業:写真館経営・野鳥ガイド。 1987年 福島県耶麻郡塩川町生まれ 高校卒業前から家業であった写真館の仕事を手伝い高校卒業と共に家業に専念。 ミニラボのオペレーター、卒業アルバムの撮影や編集、スタジオ写真を担当。  その後、大の野鳥好きからガイドも始める。 ヤマセミとクマタカ、アカショウビンを得意分野とし、季節折々でそのほかにもガイドをし、成果を上げている 特にヤマセミとクマタカ、アカショウビンの撮影成功率は極めて高い。 2019年11月 月刊birder誌の「機材の進化に乗り遅れないための、新・野鳥撮影教本」に「暗いところでもきれいな野鳥写真を撮ろう、超望遠でもブレを徹底的に防ぐ方法」を寄稿 2019年12月 FM福島に野鳥ガイド、野鳥写真家として出演 2020年6月  フジテレビ とくダネ!にアカショウビンの作品提供

最新記事 by 大竹 伸知 (全て見る)