念願の冬季ヤマセミ撮影ガイド今年は可能です!

念願の雪ヤマセミ~^^

実に5年越しの待望の雪ヤマです!

積雪背景&若干雪写り

積雪の青い映り込み&若干雪写り

斜光&ばっちり雪~^^

積雪背景&雪写り~♪

びっくりのド近距離止まり(^^; おおよそ20m

 

これまでなっかなか冬季のヤマセミは、安全面であったり積雪によってブラインドまで行けなかったり、倒壊などの理由で行えませんでした。

前回冬季に撮影出来ていた個体は、雪が降るとブッシュへ逃げ込み、止むと出てくるというなんとも言えない性格の持ち主でした(^^;

しかし今年は違いました! 

全くの新ポイントになりますが、恐らくは今年の川の氾濫後、第一秘密基地の勢力争いに負けてしまって姿が見えなかった赤さび色の濃いオスのペアだと思います!

それまで撮影していたペアですのでそれなりに撮影はしやすかった印象でした。

そして積雪にも耐えられるよう、ブラインドのシステムを一部改良、倒壊の危険性をなくし、安全面も確保出来ましたのでご案内させて頂きます。

新システムは積雪の都合上、同時でのご案内は3名様までとなります。

靴、ズボンの防寒対策をしっかりとしてお越しください。

 

The following two tabs change content below.

大竹 伸知

カメラマン 野鳥ガイドオオタケカメラ
名前:大竹伸知(のぶとも) 職業:写真館経営・野鳥ガイド。 1987年 福島県耶麻郡塩川町生まれ 高校卒業前から家業であった写真館の仕事を手伝い高校卒業と共に家業に専念。 ミニラボのオペレーター、卒業アルバムの撮影や編集、スタジオ写真を担当。  その後、大の野鳥好きからガイドも始める。 ヤマセミとクマタカ、アカショウビンを得意分野とし、季節折々でそのほかにもガイドをし、成果を上げている 特にヤマセミとクマタカ、アカショウビンの撮影成功率は極めて高い。 2019年11月 月刊birder誌の「機材の進化に乗り遅れないための、新・野鳥撮影教本」に「暗いところでもきれいな野鳥写真を撮ろう、超望遠でもブレを徹底的に防ぐ方法」を寄稿 2019年12月 FM福島に野鳥ガイド、野鳥写真家として出演 2020年6月  フジテレビ とくダネ!にアカショウビンの作品提供

最新記事 by 大竹 伸知 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です