お盆の営業時間

こんちには! 會津秘密基地 オオタケカメラです

今回の雨はかなりの被害がありましたね(><)
半年分の雨量が一気に振ってしまったり、河川氾濫や土砂災害など、
気候変動がきになる毎日です。

会津地方は奥羽山脈からアルプス山脈の中のくぼんだ盆地という事もあって天候的な被害の少ない地域になっていますので被害はありませんでした。
ここ最近のゲリラ豪雨には十分気を付けながら過ごしてますが、大きな被害は出ずにお盆を過ごせました。

ただ秘密基地の上流では小規模な土砂崩れでもあったのか、水の濁りがとれませんでしたが、1週間もすれば元の綺麗な清流に戻るでしょう^^

ヤマセミ,オオタケカメラ,會津秘密基地

飛翔は無理だから…
と、最初から諦めてしまう方もいらっしゃいますが、ヤマセミの飛翔シーンの撮影は難しいけど無理難題じゃありません^^
初めてご利用の方は飛ぶルートやパターンなどお手伝いしますので頑張って撮影してください!
撮影できた歓びは大きいですよ^^

焦点距離は600mmくらいをお勧めしております。

 

ヤマセミ撮影ガイド 詳しくはこちら ヤマセミ
アカショウビン撮影ガイド 詳しくはこちら アカショウビン
クマタカ撮影ガイド 詳しくはこちら クマタカ
公式LINE@始めました!
セキュリティが強化されて情報がお届けしずらくなっております。
こちらでしたら確実に届いておりますのでご登録下さい^^

LINEのお友達登録はこちらから
友だち追加
fece book オオタケカメラ Instagram オオタケカメラ Twitter オオタケカメラ
も随時更新中! フォローよろしくお願致します^^
シェアやツイート頂けると大変嬉しいです^^

The following two tabs change content below.

大竹 伸知

カメラマン 野鳥ガイドオオタケカメラ
名前:大竹伸知(のぶとも) 職業:写真館経営・野鳥ガイド。 1987年 福島県耶麻郡塩川町生まれ 高校卒業前から家業であった写真館の仕事を手伝い高校卒業と共に家業に専念。 ミニラボのオペレーター、卒業アルバムの撮影や編集、スタジオ写真を担当。  その後、大の野鳥好きからガイドも始める。 ヤマセミとクマタカ、アカショウビンを得意分野とし、季節折々でそのほかにもガイドをし、成果を上げている 特にヤマセミとクマタカ、アカショウビンの撮影成功率は極めて高い。 2019年11月 月刊birder誌の「機材の進化に乗り遅れないための、新・野鳥撮影教本」に「暗いところでもきれいな野鳥写真を撮ろう、超望遠でもブレを徹底的に防ぐ方法」を寄稿 2019年12月 FM福島に野鳥ガイド、野鳥写真家として出演 2020年6月  フジテレビ とくダネ!にアカショウビンの作品提供

最新記事 by 大竹 伸知 (全て見る)

“お盆の営業時間” への1件の返信

  1. 写真家戸塚学さんの専用レンズラップを見ました
     自分もキャノン望遠を購入したので是非欲しく
     資料をメールでお願いします

コメントは受け付けていません。